MENU

民度の低さと治安の悪さにうんざり。一刻も早く住み替えしたい!

購入時のチラシ
投稿者こあら さん(47歳女性)
住み替え検討中の地域北海道札幌市厚別区から東京都豊島区
住み替え予定戸建⇒賃貸マンション
住み替えを考えたきっかけご近所様の人品(人柄)の卑しさに我慢できなくなった
目次

住み替え検討中の現在について

主人37歳、奨学金の返済が終わったタイミングで中古戸建を購入。

築35年と少々古いが、有名ハウスメーカーの物件でもあり、設備に関してはおいおいリフォームすることとした。

これまで主人の勤務先から賃貸物件に対する家賃補助を受けていたため、上司からの圧力もあり、あまり迷ってもいられない状況でした。車が二台とめられるスペースがあり小学校と駅・大型スーパーが近いという点で購入を決めました。

入居当初はこれまでかなり遠かった小学校も目と鼻の先になり、運動会や期首期末の持ち物が多い時などほんとうに引っ越してよかったと感じる場面が多かったです。

しかし、入居後3か月ほどしてから周辺住民の人品の卑しさに悩まされることになりました。
民度の低さというのは当事者側にはその意識がないようで、入居後16年を経た現在も継続中です。

この度、大学4年になった娘も単位を取り終え就活と卒業論文を残すのみとなり、主人は6年前から首都圏で単身赴任という状況になっており、来年から中年の女一人でこのスラムに防犯面でも優れているとは言えない戸建で一人暮らしを続けていくのは精神的に限界と思い売却を決断しました。

エリア物件価格の低さは、民度の低さ

16年前(2005年)に有名ハウスメーカー施工の中古住宅を購入しました。

土地面積はおおよそ65坪、二面道路で日当たりもよい3LDK+S(サービスルーム)の築35年の戸建です。
JR駅は2路線が利用でき、一方は徒歩7分に駅があり、もう一方の路線は車で8分(バスだと10分ほど)のところに駅があります。
小学校は徒歩2分・中学校は徒歩12分の場所にあり、大型スーパー・ホームセンター、コンビニなどハード面の住環境はかなりよい物件でした。

購入時の物件価格は1980万円、当時の主人の年収は額面で560万円ほどだったかと思います。
これまでコツコツと貯めた400万円を自己資金として投入。ほか設備が古かったのでリフォームに200万円を投入しました。

住宅借入金

借り入れは1700万円を19年7か月で実行しました。(当時は主人の勤務先の定年が58歳であったため)
毎月返済額は73,000円 年二回の賞与返済分が110,000円×2回という返済計画です。

居住後16年が経過した現状ですが、入居当初実施した物件内部のリフォーム個所に新たに手を加えなければならない部分はありませんが(キッチンも広く、使いやすいので気に入っていますし、トイレもグッドデザイン賞を受賞した美しい佇まいの商品でトイレという空間の認識が変わります)、物件自体の劣化はいかんともしがたく軒下ボードの先端の欠けや、窓枠のゆがみなど一度ハウスメーカーのリフォーム事業部に見積もりを取ったのですが窓枠調整一か所50万円というないようで驚愕しました。

ローン残額は現時点で650万円と着実に減っており、仮に今年売却を実行できると、物件価格が0としても土地代だけでも少なく見積もって1300万円から1400万円にはなります。

ここまで読むとよいことしかないように思われるのですが…

便利で物件価格も買いやすい地域は民度が低いという落とし穴があったのです

札幌市の郊外に位置する地域は、かつて札幌の中心部には住居を確保できない人々が集団で住み着いた地域だったのです。
入居後1週間後におや?と思うことがありました。
引っ越し後の片づけなど忙しくしていると、インターホンが鳴り「町内会の者です」と言ってこちらが内側から開けるまえから玄関のドアノブをガチャガチャいわせていました。

町内会の規則で戸建は一律4万円、集合住宅は2万円の入会金を徴収するというのです。
不審に思い、今4万円という現金はないので後日改めてということでお引き取りいただきました。

結果として本当に町内会の人間だったのですが、今時、町内会の口座への振り込みなどではなく、集金という形をとっている昭和型のスタイルに驚きました。
疑われても仕方ないと思いますが・・・・。

その後も隣夫人からのマウンティング(ウチの子は大学を出て書店に勤務しているのよ!すごいでしょ。←大学を出るのがスゴイのではなく、どこの大学を出たかが重要だと思うのですが、この地域では大学に進学すること自体が自慢のタネになるらしい。自慢はするが、大学名は言わないのです。毎回対処に困ります)

さらに反対隣のバカ男が夜中にインターホンを押してカチコミに来て、その内容と言えば「夕方除雪しておいたのに、俺の敷地に雪が落ちてきている。お前の家の屋根から落ちた雪に違いない。今すぐ取り除け。」

仕方がないので主人と二人で隣家が違法に(敷地に対しての建蔽率違反)建て増ししていることで敷地に余裕がないことを指摘したうえで、我々の屋根の雪であるという根拠について尋ねたところ、「オレは獣医だぞ!」と謎の居直り。

社会人としての程度がこの一言に凝縮されていますね。その後15年たった今でも謝罪などはなく、玄関前で顔を合わせてしまう機会があると、相手はきまり悪いのかコソコソと家に逆戻りしています。その後私がその場からいなくなってからまた出てきて作業しているようです。

さらに冬の一番寒い時期の出来事ですが、道路が凍結してるにもかかわらずスピードを出したまま通り抜けようとした近所の住民の車が自宅の塀に激突してきたことがありました。あわてて外に出て、写真を撮り、ナンバープレートを控えましたが、運転していた男性のいうことには「保険は入っていない。知り合いにペンキ屋がいるから直させるので心配いらない」という。

保険屋と話をすればこのような民度の人間と接触を持たずに済むと思ったが、らちが明かないので警察を呼ぶことになってしまった。結果としては正解だったのですが、このような屁理屈をこねて自分の首を絞める行為を行ってしまうレベルの人間の集まりなんですね、この地域は。

極めつけは娘の中学校の卒業式の10日前に数学の教科担任が車上荒らしと傷害で逮捕されるということもありました。犯罪に及んだ理由が「おかねが欲しかった」
本当に情けない地域です。あきれるばかり。

今後1年の間に売却を実行できれば650万程度の売却益は手にできるようですが、私の人生の一番の時期である30歳から47歳までの時間をうんざりするような日々を送るしかなかったガマン料としては不十分ですし、そもそもそんなガマンをしながらの生活で人生の貴重な時間を消費してしまったことに後悔しきりです。

金銭面での安心を得るためにお安いエリアで物件を購入してしまったのですが、生活面の満足感とは程遠い結果になってしまいました。

さらに、住み替えにも制約があり、イライラがつのる

今回、戸建の売却を検討したのは周辺住民の民度が著しく低く、自分の生活に支障をきたすことが多かったためであるが、主人の会社の規定で単身赴任手当をいただくためには引き続きこの都道府県内に一応の住処を置かなくてはならないという制約がある。

スラムとしか言いようのない数々の出来事は、これまで住んでいたエリア固有の事象なのか、それともこの都道府県全体の問題なのか判断がつきかねている。
もし、この都道府県全体の問題なのであれば、余程セキュリティとプライバシーが保たれているマンションを見つけない限り完全には解決しないという憂鬱がある。

だが、マンションであれば戸建時に避けることができなかったゴミステーションの持ち回り問題や回覧板のわずらわしさ、年2回の町費集めなど、それだけでもウンザリするような雑事をスラムの住民相手に行わなければならないという点はまぬかれるという利点はある。さらに全国的にも高額な入会金を徴収されていることも回避できるという利点もある。

しかし、いったんこのような地域に足を踏み入れてしまったがために、子どもも独立し喜ばしいことのはずが、決して、ウキウキするような引っ越しではなくあくまでスラムから脱出するという極めて消極的な住み替えであることには腹立たしさを禁じ得ない。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる