MENU

マンションの売却まで4カ月、180万円値引きでも良かったと思っているワケ

マンションとリビングと子ども
投稿者名yuiton さん
住み替えた地域山口県⇒大分県大分市
住み替えパターン分譲マンション⇒戸建(一軒家)
主な住み替え理由転勤
住宅ローン契約時フラット35:金利2.99%、30年固定金利
目次

住み替えしたときの流れ

売却したマンションの外観
長女の誕生をきっかけに分譲マンションを購入

2006年、2,980万円、4LDK

騒音でご近所トラブル

その後、次女、長男と生まれ、みんな元気に育つも、子供の足音、泣き声がうるさいと注意を受けるように。。。

住み替えを考え始める

一軒家の住み替えを考えるも、ローン残や仮住まい費用を考えると踏ん切りがつかず。ローン完済に注力。

ローンを完済

繰り上げ返済、フラット35から銀行の変動金利型借り換えなどにより3年前(2018年)にローン完済

ローン完済の翌年、異動の内示

戻る可能性は低いと言われ、一家での引っ越しを決意。(中一の長女は嫌がる。。。)

売却に成功

マンション(12年落ち)は、1,980万円で売り出し、4か月後に1,800万円で売却。

大分では築20年、3LDKの賃貸アパートを借りるも、家族からは大不評

マンション売却と並行し、一軒家を探す。予算3,500万円くらい。

条件に合致する物件が見つからない

子供(長女中学生、次女長男は小学生)の転校はできないので、校区内に限定して探す。半年探すも希望通りの物件は見つからず。。。

住宅地に立っている工務店のモデルルーム(築3年)を見学

「このモデルルーム、売る気はない?」とダメ元で聞いたところ「ある」とのこと。

妥協したが満足

38坪と狭く、庭はなし。3,800万円と予算はややオーバーも、校区内、駐車場2台など他の条件は満たしており、即決。

現在

コロナ禍でステイホームが増え、決断しておいてよかったと感じています。


マンション売却のもどかしさ~金額面の妥協よりも売れたことにほっとした~

「3月に君の4月1日異動の内示がでるよ」と内々に上司が教えてくれました(事前の連絡に深く感謝です)。ややフライング気味ですが、さっそくマンションの売却検討を開始しました。

実は、当時住んでいたマンションの隣人から「子供がうるさい」と複数回注意されたことがあり、1年前にマンションの売却査定してもらったことがありました。その時の査定額は1700万円。周辺の売却価格と比較しての査定でしたが、1年ごとの計算で毎年100万円以上価値が減少していることになり結構厳しいな、と思いました。

今回は主にマンションの売買を手掛けている別の不動産屋さんに連絡しました。内覧しての査定額は1980万円。1年前の査定では1700万円だったことを伝えましたが、「多少の値引きはあると思うがこの立地で、角部屋、4LDKはあまり出ない。3か月あれば売り切る自信があります。」とのことでした。

査定額に納得したこと、引っ越し先でもその不動産屋さんの支店があることから、他の会社には依頼せず専任媒介契約を結ぶことにしました。過去、同じマンションの別の部屋を売った実績があることも、専属依頼を決めた理由でした。

マンション 専任媒介契約

売却時点でマンションのローン残額はゼロでした。売却を進める上で、このことが一番の安心材料でした。

12年前のマンション購入当時はローンや金利の知識もなく、何となく固定金利が安全と考えフラット35を契約しました。金利は2.99%、30年の固定金利です。
実家が近く食べ物や金銭的な援助があり、また会社の景気も良かったので、ボーナスがある程度たまったら繰り上げ返済をしていました。

返済開始から10年で残り800万円となりました。ほぼゴールが見えてきたところで、いつも使っている銀行から「うちのローンに借り換えたら車一台分は安くなりますよ」との営業がありました。あまり興味はなかったのですが、奥さんが乗り気だったので話を聞いてみることしました。

変動金利型にすると利率は0.975%。諸経費が20万円かかりますが、金利との差額で67万円得するとの説明でした。
車1台分まではいかないものの、結構な節約になります。変動金利型なので金利が上がるリスクはあるものの7年で800万円なら大丈夫と判断し、借り換えることにしました。

マンション ローン借換

その後、銀行の店舗へは2回ほど行きました。ローン専門店舗で、土日含め夕方19時まで開いていたので便利でした。1回目は仮契約、2回目は本契約でひたすらハンコを押しました。
諸費用は、事務手数料5万円、登記費用8万円、印紙1万円などで合計20万円かかりました。月々やボーナスの支払額はほぼ変わらず、支払い期間は8年から7年へ1年短縮、総支払額も67万円減となりいいことづくめでした。

「もう少し早くやっていれば、もっと得したのに」とも思いました。金利に一喜一憂せず過ごせたので、固定金利は自分の性格に合っていたと思いますが、ローンや金利の知識は必要だなと感じました。無知だとペナルティがあるんですね。
2016年に借り換えし、その後も順調に繰り上げ返済を行いました。結局、3年前倒しですべてローンを完済しました。

マンション ローン完済の契約書

マンションはどうしても音が伝わりやすいので騒音問題が発生しやすいです。我が家は子供が3人いますので、騒音の発生側として注意される立場でした。隣人が三交代職場だったり、老夫婦だったりすると生活環境や部屋にいる時間が異なります。直接対面で謝ったりもしましたが、一度こじれた関係はなかなか修復出来ませんでした。

絨毯の下にマットを敷いたり、子供に注意したりしてクレームはなくなったのですが、日中子供と家にいる奥さんは結構気疲れしていました。
ローンも完済したので、「本格的に一戸建てへの引っ越しを」と考え始めた矢先に、今回の異動の話が出てきました。

「住み慣れた土地や職場を離れること」、「子供の転校」、「マンションが希望通り売却できるか」など不安はありましたが、「騒音でこじれてしまった人間関係をゼロクリアできる」、「引っ越し費用は会社からでる(これ、重要です)」、「一戸建てを買うチャンスがある」といったメリットの方が大きいと感じたのが正直な気持ちです。今回の異動は渡りに船でした。

無事、引っ越しも完了し、奥さん、子供ともすんなりと新天地に慣れました。思いのほか順調にスタートが切れ、あとはマンション売却の吉報を待つのみでした。

不動産屋さんからの連絡は2週間に1回、営業報告が手紙で届きました。問い合わせはあるものの商談までは結び付かない様子です。想定していた3カ月が過ぎ、電話がありました。「折り込みチラシにのせたりしたが、あまり反応がないです。ネットの閲覧回数も落ち着いてしまったので当面はこのまま様子を見るしかないです。」とのことでした。

4LDKと広めの部屋なので、既存のお客さんの中でもファミリー向けに紹介をしていたが、少し広くあたってみるとの話でした。
値下げが必要ですか?と聞いたところ、「今の段階ではまだ早いです。定期的にチェックしているお客さんもいるので、あまり値下げが早いと売り急いでいると思われてしまいます。もう少し待ってみましょう。」とのことでした。

新天地では売却を見越して、モデルルームや不動産屋まわりをしていたのですが、売却が決まらないと資金計画が立てられずこちらも膠着状態となりました。
引っ越し先が築20年の賃貸アパートだったので、家族からは不評。いつ引っ越すの?と言われたのですが待つしかなく、この時期が一番つらいところでした。

2週間が過ぎ、もうすぐ7月となった頃に、不動産屋さんから電話がありました。既存のお客さんに物件を紹介し、内覧をしたところ興味があるとのことです。50代の一人暮らしの女性ですが、孫が遊びに来たりするので広めのマンションを探していたそうです。ただ年齢的に多くのローンが組めないので1700万円が希望でした。
担当さんもさすがにそれは低すぎると交渉してくれて、結果1800万円でどうですか?との連絡でした。

元々、100万円程度の値引きは考えていたので、1850万円は?とカウンターを出しました。翌日、「実はローンが通るかどうかも微妙であり、相手は1800万円が限界とのことです。今回は見送るという手もありますよ」と担当さんからの回答でした。

奥さんに意見を聞いたところ、「1800万円で売って、次のステップに移りたい」と即答でした。悩みどころでしたが、次がある保証はなく、また待つしかないのは結構な負担だと考え、1800万円でOKすることにしました。

不動産屋さんには金額は妥協するので、必ず契約してほしいと伝えました。

その後、1800万円で契約申し込みをしてくれました。ほっとしたのですが、銀行のローンが組めない場合、契約が成立しなくなると聞かされ、さらに1週間程度待つことになりました。気をもみましたが、こちらも無事通過しました。

マンション 売却時の契約書

180万円の値引きが正しい判断だったのかは分かりませんが、この2か月後に希望する戸建てが見つかり購入しました。タイミングとしては良かったんだと思います。

金額面で妥協する判断ができたのは、ローン残がなかったことが大きかったです。過去、コツコツ前倒しで返してきたことが、ここで生きるとは思いませんでした。

また購入した方は、通常は一人でお住まいになるとのことでした。我が家のように、小さい子供がいる家庭だと同じく騒音問題に悩むだろうな、と思っていたのでその点も良かったです。

売買手続き、必要書類の受け渡しは郵送で行いました。正式な売買契約は、担当の方が出張に来てくれて、こちらの支店で取り交わしをしました。最後の金額振り込みと鍵の引き渡しは原則会って行うそうですが日程的に行けませんでしたので、電話で金額を確認し、預けた鍵を渡してもらいました。

終わってみると引っ越してから4カ月で売却できたので、それほど遅くはなかったと思います。ただ当時は、本当に売れるのか?1年くらいかかるのでは?と不安になりました。自分からは何もできず待つだけの日々は、結構もどかしく感じました。

金額面では当初予定よりも妥協することになりましたが、それを悔やむ気持ちよりも、売れてくれてほっとするほうが正直ずっと強かったです。

戸建の購入記はコチラ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる