住まい管理支援機構のご案内

■ 住まいの適切な維持管理の促進

 いいものを作ってきちんと手入れして、永く大切に使う。
 「永く大切に使う」、住宅を長持ちさせるためには、しっかりと維持管理することが重要。
 住宅は適切な維持管理と住まい手のライフステージに応じたリフォームなどが行われることで、品質・性能等も長期にわたり維持され、その資産価値も市場において適切に反映され、社会的な資産増大が実現します。
 わたしたちは、消費者を支援し住宅の適切な維持管理を促進します。

■ 安全・安心な既存住宅流通推進

 社会的資産である住宅。住宅の循環型社会の構築!
 わたしたちは、適切な維持管理によりストック住宅の質の向上を促進し、社会的資産である住宅が市場で売買される際にインスペクション、住宅履歴情報、そして既存住宅瑕疵保険を活用して、消費者に安全・安心な中古住宅として提供することを推進し健全で信頼ある既存住宅流通市場の構築を目指します。

当法人は、ストック社会において消費者が安心・安全・快適な住生活を継続的に営むために 不可欠な住宅の品質・性能等の維持管理及び流通・リフォーム市場において消費者を支援し、 また多様な消費者ニーズに対応できる適正な維持管理事業者並びに既存住宅流通・リフォーム市場に係わる 事業者の育成と市場の環境整備を図り、もって社会的資産でもある住宅の長期使用と資産価値の維持及び 既存住宅流通・リフォーム市場の健全な発展と活性化の実現に寄与することを目的とする。

1) 消費者への住宅の維持管理及び流通・リフォームに関する情報提供並びに相談体制の整備
2) 消費者が自ら行う住宅の維持管理に関する支援
3) 住宅の維持管理及び流通・リフォーム市場に関する調査・研究並びに環境整備
4) インスペクションを活用した住宅の維持管理事業者及び流通・リフォーム市場に係わる事業者
  並びに従事者の育成指導
5) 適正な住宅の維持管理事業者及び流通・リフォーム事業者の認定
6) 住宅の維持管理及び流通・リフォームと連携する住宅履歴情報の普及並びに活用の促進
7) 空き家・空き地の再生及び活用に関する調査・研究並びに流通の促進
8) 関係行政機関及び団体の制度、事業との連携並びに協力
9) その他当法人の目的を達成するために必要な事業


住まい管理支援機構は、インスペクションと住宅履歴情報を活用して消費者を支援する事業者を育成し、消費者の維持管理を支援する体制を整えた事業者を管理適正事業者として登録、公表します。 住まいの維持管理の適正な事業者として公表することで消費者の安心感、事業者の信頼度も向上します。


住まい管理支援機構は、既存住宅流通市場で宅地建物取引業者の増大する業務を補完し、消費者に対するワンストップサービスの提供を目的に、宅地建物取引業者と住宅事業者、その他の住生活関連サービス事業者などが連携するSmile倶楽部という組織を設けています。 この事業者連携により消費者の安心感、市場関係者のコンサルティング機能も向上します。

団体名

一般社団法人 住まい管理支援機構 (略称)HMS機構

英字標記

Housing Mentenance Support Organization

所在地

460-0003 名古屋市中区錦三丁目1014号 協和錦ビル7

連絡先

TEL 052-950-3770  FAX 052-950-3773

URL

http://www.sumai-kanri.org

Mail

info1@sumai-kanri.org

代表者

会長(代表理事) 木野村好己

設 立

平成271015